« 兄と呼ばれて | トップページ | 新しいハーネス »

ガーナが今日に至るまで

今日の記事は、私の記録のために載せさせていただきます。

だらだら思い出すまま長いので、画像だけさっと見ていただければいいかと思います。 ご興味がおありの方は、お付き合いくださいませ。

Img_0094

rvcar

109日に「ろくさん」ことジェスロを保護し、おかげさまで、1ヶ月もしないでトライアルに出ることができました。その間に去勢手術があり、ジェスロにとってはタフなスケジュールだったと思います。それと平行して、歩笑(ポエム)と名づけた子犬が生死の淵で病魔と戦っておりました。 ジェスロといっしょに連れて帰った子犬は、保護して10日後に病を発症してしまいました。症状が出てすぐに、病院で処置をしてもらい、半日で回復しました。食欲も便も正常に戻ったことに安心し、母乳の免疫のおかげで大事にいたらなかったと勝手に判断し、翌日、病院へ連れて行きませんでした。その日の内に、症状が最初のときよりも悪化し、生後1ヶ月半の基礎体力では難しい状況となってしまいました。病院の先生にお任せし、祈ることしかできない1週間、最後の方はもうだめだと諦める日もありました。

Img_8409

(10月10日撮影)

Img_8700

まるまると太っていた体は半日ごとに小さくなりました。せっかく元気になったあの日、ちゃんと続けて処置をしてもらっていたら、こんなに苦しめることはなかったと思い、太い栄養剤の注射に、狂ったように大声で泣き叫ぶポエムを抑えながら、申し訳なさと情けなさで、ただただがんばってと願うばかりでした。ポエムを死のぎりぎりまで危険な目にあわせ、大きな痛みと苦しみを与えたのは、私の無知と経験不足から来る過ちのせいであり、今なお、悔やんでも悔やみきれない思いです。

Img_8979

病院で最善を尽くしていただき、1週間がんばって生き抜いて、ひとまず峠を越えました。そんな大変なときにも、わざわざ看護婦さんに、歩笑の漢字を説明するいやらしい私に、先生が「スナックの名前のようですね」と苦笑されました。そういえば、新座犬猫里親会の譲渡会に参加した犬に、茶夢(サム)とつけたときに、ある人が喫茶店にありそうな名前ですねと言ってましたっけ。

Img_8994

なんとか峠は越したとはいえ、食欲は戻らず、とにかく食べることが優先で、食べればアイスクリームでも何でもいいですからとアドバイスされ、アイスクリーム、蒸しパン、チーズなどから食べ始め、子犬用の缶詰を食べれるようにまで回復したときは、私がポエムに助けられた思いでした。今思えば、フィリパの方がもっともっと長く大変でしたが、そのときは、フィリパの戦いを思い出して比較する余裕はありませんでした。

Img_9069

Img_9018

元気になり、名前をポエムからガーナに変えました。(漢字はともかく、ポエムの響きが好きで、いまだに未練がある名前です。)

Img_9076

ガーナは、とても気の強い犬です(病院のお墨付き)。私もあきれるほどの気の強さです。今は体が小さいのでかわいいものですが、大きくなってからあのままだと、とんでもないことになります。そのうえ、母犬のサイズが大型犬サイズのため、ガーナも中型犬より大きくなると予想しています。気が強い大型サイズとなれば、大型犬の飼育経験者に限ることになるかなと思いました。

Img_9098

それに、顔が個性的(器量よしではないというか、味のある顔というか・・・)で、こちらも子犬のときは小さいだけでかわいいとされても、成長したときの器量は、一般受けするタイプではないと思っています。私の想像では、ボクサーの顔に似たポインター系になるのではないかと。そういう面から見ると、募集が遅れることは悪くないことだと思いました。

Img_9579

小さいだけでかわいいとされる時期を過ぎて、もうちょっと大きくなってから募集したほうが、将来の姿を含めてガーナがいいというお宅を正しく選択できると思いました。

Img_9286

Img_9169

ワクチンが2回すむまでは様子をみて、それから募集を考えようと思った直後、いやな咳が頻繁に出ることに気付き、最初は病気の後遺症かと思いました。のどや器官に何かつまったような咳を始終しています。抱っこしただけで咳が出ます。とても苦しそうな咳が長く続きます。病院で診てもらった結果は、先天性の心不全でした。ときどき手がつけられないほど気が強い暴れぶりを見せます。人間にまでもマジ切れして、すごい声で怒って向かってきます。尖った歯でマジ噛みします。仰向けにして服従させたくても、咳が出るのでできません。まだ小さいので、今はたいしたことがありませんが、大きくなるまでには性格面でも手がかかる子になりそうです。性格よりも心配が大きいのは心不全の咳がひどいことで、今のところ家族募集については白紙です。

Img_9356

1115日に、やっと1回目のワクチンを打てました。体重は5.1kgで、先生も成長ぶりを喜んでくださいました。先生によりますと、今は成長が先決で、心不全のほうは様子を見るだけだそうです。成犬になったらきちんと向き合い、対処する必要が出るそうです。咳が酷く、見ているほうが苦しくなるくらいですが、みなさんに、大きくなるのが楽しみと言っていただけて、とてもうれしいです。顔もかわいいと言っていただいてちょっと驚いています。 元気になった今も、フードの好き嫌いが出てしまって、ドライはあまり食べません。おやつ系(人間の)ばかりほしがります。3.5kgまで体重が回復したら、食べ物の我侭はやめましょうと先生に言われて、すでに3.5kgは越えていますが、我侭が続いています。冷蔵庫を開けると走ってきてお座りして待っているのはかわいいですが、困った習慣です。

Img_9612

|

« 兄と呼ばれて | トップページ | 新しいハーネス »

ガーナ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 またまたご無沙汰しています。いつも読み逃げしてばかりでごめんなさい。
 ガーナちゃんかわいい。わたしの好みのストライクゾーンにはいる顔立ちですわ。とくにカメラのストラップをくわえて引っ張っているお顔はシャンタルに似ていてカワイイ。
 それにしても、先天性の心不全とは可哀そうですね。あかちゃん犬から子犬になって運動量が増えるとよけいにゼコゼコしてしまうのでしょうか。
お写真をみてますとヘイちゃんに負けてないですものね。
 家のシャンタルもオースケにおもちゃを取られても必ず上手に取り返してます。あの手の顔のこはなんだか世渡り上手になっていくのでしょうか。
 ガーナちゃんの苦しい咳が少しでも減ってくれるといいですね。
 追伸;タスマニアンデビルも飼っているのですか?
  また時々よらせて頂きます。おげんきでご活躍ください。

投稿: オーシャンの母 | 2008年11月22日 (土) 12時54分

マーシャママさんのなさってる事は、誰にでも出来る事じゃなく本当に頭が下がります。
悔やむ事もあるかと思いますが、今、ガーナちゃんは、病を乗り越えられたんです。
あの時、連れて帰らなかったら、無くなっていた命かもしれません。
咳が出て完全ではないかもしれませんが、ここに映るガーナちゃんは、可愛くて生きる力が漲ってるように見えます。
今は、ずんぐり(ごめん)だけど、成長したら足が長くなってカッコよくなるのかな?
とっても楽しみに成長を見守らせて頂きます。
マーシャママさんも大変かと思いますが、応援しています。

投稿: パルママ | 2008年11月22日 (土) 16時13分

オーシャンの母様
いつも来てくださってどうもありがとうございます。ちょっとでもかわいく写っている画像を厳選して載せていますが、ガーナはシャンタルほど美人ではないですよー。器量に関係なくかわいい子ではありますけどね。でも、オーシャンの母様のお気に入りゾーンには入ると思います。味のある外見ですよ。
シャンタルは、アリョンパにすらおもちゃをとられることはなかったです。相手を怒らせることもなく、でも譲らない子で、不思議な性格の子ですよね。オースケ君にはお兄ちゃんとして尊敬の思いがあって譲るのでしょうか。上手に取り返すなんて、シャンタルならではですね。
タスマニアンデビルは、ガーナが噛みまくって暴れるときのニックネームです。ほかに、カミツキ亀とも呼ばれています。

投稿: マーシャママ | 2008年11月22日 (土) 21時54分

パルママ様
ガーナは性格的にも、心不全からくる酷い咳でも心配の多い子ではありますが、病気に打ち勝って助かって、今こうして生きていることに感謝しています。そのせいで、ちょっと甘やかしているかもしれませんがcoldsweats01
マーシャが子犬のときの体系に似ているので、おそらく、おとなになっても足は長くならないと推察しています。毛が短毛か少し長めになるのかわからないので、それは楽しみです。性格がマーシャによく似ていて、私としてはとても愛して止まない子なのです。

投稿: マーシャママ | 2008年11月22日 (土) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 兄と呼ばれて | トップページ | 新しいハーネス »