« 日曜日はごろごろ | トップページ | TVと晩酌の秋便り »

ゴーイング シャンタル’s ウエイ

11月10日に、シャンタルの近況をいただいていましたが、自分だけで温めすぎていました。遅くなりましたが、あのかわいいシャンタルの近況です。 
こんにちは、ご無沙汰しております。
いつもブログ拝見してますが、読み逃げばかりでごめんなさい。おまけに預かりっ子の中で一番の美人と言っていただいたお礼も申し上げずすみません。
 シャンタルの様子をご報告させていただきますが、相変わらず胸がきゅんとなるほど可愛いです。
Img_0543
 散歩のときの引きが強いのは変わらず肩が脱臼しそうになるほどですがも整形外科に行くほどのことはありませんし庭に穴ぼこが沢山出来てもスコップで埋め戻せば済む程度ですのでそれを差し引いても可愛いくて可愛くてしょうがありません。(はい、もう溺愛してます)
 普段クールな娘もシャンタルにはメロメロでしょっちゅう抱き上げて(娘)「シャンちゃーん。」 と呼んだ後にシャンタルの腕の肘関節を「ハーイ」と挙手させたり最近は寒いので胸の上に乗せてアンカがわりに利用してたりします。(決して虐待ではありませんので)
Img_0521
 最近は夜姿が見えないので探し回るとと二階の寝室のベッドの上で知らぬ間に寝ているのを見つけることが多くなりました。
以前は私が二階の寝室に寝にいく時オーチャンと一緒に二階までお見送りしてくれ、その後二匹とも階下に下りて寝ていたのですが、2ヶ月ほど前からシャンタルは時間になると私の膝を引っかくような仕草(こういうときは今までは大抵外に出してちょうだいの合図で引き戸のほうに誘って行くのですが)の後、階段の方に誘うのです。「シャンちゃん何?」と聞くと上目づかいにじっと見つめて何か言いたそうにしてます。初めはなんだか分からなかったのですが、私が寝た後、ある晩娘が「シャンちゃんお二階に行きたいの?」「行っていいよ」と言うとまっしぐらに二階に駆け上がって言ったそうです。今ではすっかり二階のベッドが自分の寝床です。オーちゃんは初めのうちこそ負けまいと私のベッドによじ登って足元で寝てましたがさすがに窮屈らしくそのうち床に寝てましたが最近はとうとう諦めて下にスゴスゴと降りていくようになりました。寝室を出て行くときのオーちゃんの後姿がなんとも哀れで何時かなんとかしてあげなければと思う今日この頃です。
Img_0498
マーシャママが以前おっしゃってたようにシャンタルは上手に我を通す子ですね。
heart
オーシャンの母様が、お散歩のときに会った小学生達とのお話を紹介させていただきます。

dog

さてお話変わって、お散歩の時にキャバリエを散歩させている小学生の子と以前から時々お喋りをすることがあったのですが土曜日に二匹を連れて神社の前を通りかかるとサッカーをしていた男の子達がサーッと寄ってきました。その中の一人がいつも出会うA君で二匹を撫でたり抱きしめたりしてくれているとその内他の子たちもおそるおそる近づいてきて「この犬咬まない?触っても大丈夫?」などと話しかけてきました。「大丈夫よ。」と教えてあげると初めはおっかなびっくり手を出していましたが暫くすると皆ギューとだきしめてくれたりナデナデしてくれてて「おれ犬飼いたい。」とまで言ってくれるようになりました。オーシャン達頑張ったでしょう?

 暫く話をしているとAくんが「僕んちもう一匹犬が来るの。クロタのお父さんで、捨てられて遠い所につれていかれて殺されそうだからお父さんが迎えにいってるの。」 そうしたらそばにいた子が「クロタだってこの神社の境内に捨てられてたんだよな。」  Aくん「捨てたおじさんお金がもったいないからお父さん犬も飼うのいやになったんだって。お父さんがそのおじさんにかわいそうだから捨てないでって言ってたのに捨てちゃったの。浦和の保健所を探したら遠くの施設に連れて行かれたらしくて今日迎えにいってるんだって。」 私「おばちゃんの犬も2匹ともそういう施設から助け出してくれた人がいてその犬を貰ったの。A君お父さんは直接助けに行ったんだ。いいお父さんだねー。」 
その後も話が大盛り上がりで、子供達と捨てられた犬やネコの行く末などを話して絶対最後まで責任をもって飼ってあげないといけないねと熱く語ってしまいました。その後会ってないけどクロタのお父さん犬助かってるといいなと願ってます。子供達と話してて思ったのですが子供達は無関心な大人よりずっーとこの悲惨な現状を理解し関心を持っていてくれているのを知りチョッピリ気持ちが暖かくなりました。
Img_0450_2
オーシャンの母様、すてきなお話をありがとうございます。
子供達がちゃんと見ていることと、A君のお父さんのように、子供達のお手本となる大人がいてくれることはとてもうれしいです。

|

« 日曜日はごろごろ | トップページ | TVと晩酌の秋便り »

シャンタル」カテゴリの記事

コメント

マーシャママこんにちは

私のとりとめもないお便りを載せていただき恐縮してます。coldsweats01

マーシャママも気にしていらしたかもしれないのでクロタパパ犬の後日談をご報告させていただきます。お父さん犬助かりましたhappy02
あの後A君となかなか会えなくてすごく気になっていたのですが、やっと先週の土曜日に会えてお話が聞けました。今、パパ犬はおばあちゃんのお宅にいるということです。本当によかったぁー。happy02

やさしい人達にめぐり合えて幸せなワンズ達ですねgood


投稿: オーシャンの母 | 2009年12月 4日 (金) 13時41分

シャンタルちゃん、美人さんですね。
見とれちゃいます。

オーシャンの母様のお話、とってもいいお話ですね。
A君達を見習わねばならぬ大人が、いっぱいです。
A君のお父様は、保護と同時に、素敵な子育てをしてらっしゃいますね。

投稿: まるぽこの母 | 2009年12月 4日 (金) 17時04分

オーシャンの母様
クロタ君のパパ犬、よかったー。
A君のご家族、本当にすばらしいです。A君やA君の友達から、どんどん弱い動物を守り助ける心、無責任な飼育はしてはいけないという認識が拡がってくれるように願っています。
うれしい報告、どうもありがとうございました。

投稿: マーシャママ | 2009年12月 5日 (土) 22時15分

まるぽこの母様
オーシャンの母様のお話、とってもうれしいですね。A君たちが大きくなる将来の日本も、捨てたものではないですよね。
シャンタルは、見た目も美少女ですが、性格が言葉で表せない魅力的な子なんですよー。
でも、ぽこちゃんととわちゃんの可愛さには、どの子も及ばないでしょ。

投稿: マーシャママ | 2009年12月 5日 (土) 22時22分

こんばんは、
シャンタルちゃん、可愛いですね〜。
目でちゃんと訴える、我が家のワンコと同じです。まさに上手に我を通す感じです。

オーシャン母さま、良いお話が聞けました。
モラルのない大人を親に持つ子供にとってオーシャン母様のように接して下さる大人がいることはとても大切なことと思います。A君のお父様も何も言わなくても確実にA君の心に命の大切さを伝えているのだと、思いました。
私も子供を持つ親として、たくさん出来ることがありそうです!オトのことを皆に話すことから始めますね。

投稿: オト母 | 2009年12月 5日 (土) 23時13分

オト母様
オトちゃんも我を通すのが上手なのですね。
あのかわいいお顔で見つめられたら、どうしようもないですものね。
最近は、TVでもいろいろ取り上げられていますが、身近なところで、保護犬猫を家族に迎えた方がいると、現実をよく知るきっかけになって、多くの人に、殺されていく動物達の現状を知ってもらえますよね。

投稿: マーシャママ | 2009年12月 9日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日はごろごろ | トップページ | TVと晩酌の秋便り »