« 駒沢公園でカフェ | トップページ | オーラ便り »

駒沢公園 再び

日曜日に受講したWON PHOTO CULTURE、まだ復習をしてないうちに、今日(22日)、次のステップを、受講しました。

基本講座のネイチャーフォトと、中級講座の「絞り優先を使って」のクラスです。ネイチャーフォトは、外でレクチャーを受けるのですが、生憎の雨で、室内でスタジオストロボを使っての撮影講座になりました。

今回、先生から満点をいただいた画像です。

Dsc_0149_2  (後ろのマットがずれているのがおしい)

rain

緑をバックにガーナを撮れたらよかったのですが、ストロボ撮影はとても楽しかったです。

Dsc_0025

ガーナとフレーミングのことに集中していて、バックのことには気がまわりません。あまり写したくないものは入れないように、または何かで隠して撮ることを先生が教えてくださいました。例えば、後ろの壁の床との堺のグレーの部分など。なるほど。

Dsc_0097

↑も、左に余計な物が入っています。

Dsc_0080 ↑は、後ろに影が入っています。

写真を撮るときは、なるべく、バックはシンプルに。

Dsc_0050

Dsc_0140

色が違う2枚の画像です。

上は、WBをAUTOにして、室内ストロボで撮ったものです。下は、WBをストロボにして、室内ストロボで撮ったものです。WBをストロボで撮ったほうが暖かい色味ですね。

今回習った、オートフォーカスとマニュアルフォーカスの組み合わせの機能は、早速試してみたいです。

「絞りを優先にして」の講座では、絞りの値を変えて、違いを見ました。私のズームレンズでは、あまり変化がわからないので、先生のカメラとレンズをお借りしました。その画像もいただけましたので、PCでゆっくり復習します。

Dsc_0062

これまでは、犬はくっきりはっきりと、バッグはぼかしたいと漠然と考えていましたが、ピントの範囲を意識することはありませんでした。犬の顔をアップに撮るとき、全部をはっきりきっちり撮るのか、目にピントをあわせて、鼻などはふんわりあまいピントにするのか、人と景色を撮るとき、人だけにピントをあわせるのか、人も景色もはっきり撮るのか、それを考えて、撮りたいイメージにあわせて絞り値を設定することなど、勉強させていただきました。

絞り値とシャッタースピードについては、なんとなく理解していたつもりですが、絞り値とシャッタースピードとISO感度の関係を教えていただき、えーそうだったのですかーと、今まで知らずにいたことが、情けない気もしますが、これも週末のランでの撮影の際に、トライしてみます。楽しみです。

Dsc_0158   

次のクラスまで1ヶ月あるので、その間に、前回と今回習ったことを、復習します。

最後に、先生が撮ってくださったお手本を ↓

Dsc_0122 Dsc_0123_2構図・フレーミング、バックの隠し方(マットが椅子からずれているところが隠れています)が違いますよね。

ガーナが椅子の上でじっとしてなくて、先生にはお手数をおかけしてしまいました。ガーナのオスワリ・待て訓練ももっと必要です。

日曜日のクラスの先生のお手本は、こちら ↓

Dsc_0119

別犬のようですね。

今回は、受講生が私一人でした。一人だけのために、開講してくださって、恐縮です。どうもありがとうございました。

DLDのスタッフのみなさんにも、お世話になりました。次回もどうぞよろしくお願いします。

|

« 駒沢公園でカフェ | トップページ | オーラ便り »

ガーナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒沢公園でカフェ | トップページ | オーラ便り »